2018年01月13日

スター・ウォーズ 最後のジェダイ


6400

※ 「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。 2017年 アメリカ映画 公開中 http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

6401

※ 前作で「スター・ウォーズ」の新たな主人公レイに大抜てきされ一躍注目を集めたデイジー・リドリーのほか、ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じるジョン・ボヤーガ、ダースベイダーを受け継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そしてルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、2016年12月に急逝したレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーらおなじみのキャストが出演。監督・脚本は「BRICK ブリック」「LOOPER ルーパー」などで頭角を現したライアン・ジョンソンが担当した。原題 Star Wars: The Last Jedi

2551facfdd96414e

意外にも、善悪の彼岸についての映画だった。「常にフォースと共にあらん事を!」は、「フランス万歳!」

6409

や、「ならぬものはならぬのです」の様な“思考停止の為の装置”とは一線を画す深さがある気がして来た。

6408



drecom_y_okamura at 22:38|PermalinkComments(0)

2018年01月12日

シネスク No.112


20180112_204831

歳を取って良い事など一つもない。だが、観逃していた映画がどれでも1100円で観られるのは有り難い。

20180112_204851

ずっと睡眠負債が溜まっている状態だったが、今朝は何とか6時間は眠れた気がしたので、出掛けた。

20180112_205236

濃厚な169分だった。お客さんは結構、入っていた。誰かと飲みに行きたい気分だったが、そうも行かない。

20180112_205441

映画『ホペロスの憂鬱』加治屋彰人監督。これが1月12日の第112回だと気付いたのは終了後だった。

20180112_205009



drecom_y_okamura at 21:55|PermalinkComments(0)

2018年01月11日

星野仙一さんのこと


20180110_231943

先週、亡くなった星野仙一さんとは3度、接点があった。最初は、1970年代の現役の頃。NHKの取材で。

PK201801

何度も顔写真を撮るカメラマンに対して、“自信ないんだね~”。一言多いと思った。次は、CBCラジオ。

20180110_023514

深夜放送で、レコード出した彼に、“コンサート等の予定は?”“梓みちよさんとディナーショーやります”。

http___o_aolcdn_com_hss_storage

最後は91年。NTTのポケベルのCMだった。穏やかで実に良い顔をしていた。70歳...。オレ、後、9年か?

20180110_023349



drecom_y_okamura at 23:44|PermalinkComments(0)

2018年01月10日

ゴッホ 最期の手紙


6406

※ 「ひまわり」「夜のカフェテラス」などで知られる印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を、全編油絵風のアニメーションで描き、解き明かしていく異色のサスペンスドラマ。俳優が演じた実写映像をもとに約6万5000枚におよぶ油絵が描かれ、アニメーション化するという手法で作られた。出演した俳優はダグラス・ブース、ヘレン・マックロリー、シアーシャ・ローナン、エイダン・ターナーら。

6408

※ 郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、父の友人で自殺した画家のゴッホが弟テオに宛てた手紙を託される。テオに手紙を渡すためパリへと向かったアルマンは、その過程でなぜゴッホは自殺したのか、その疑問が募っていくが……。原題 Loving Vincent  2017年 イギリス・ポーランド合作 公開中

4998c3712951fdb4

映画を観る前は、“動くマンガ”みたいになっていて、何処か滑稽に見えるのではないかと心配だった。

9

一つの実験作とも言えるが、もしかするとゴッホの目には全てがこう見えていたのでは?ラストは泣けた。

6405



drecom_y_okamura at 23:15|PermalinkComments(0)

2018年01月09日

女神の見えざる手


640

※ 「恋におちたシェイクスピア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジョン・マッデン監督が「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティンを主演に迎え、天才的な戦略を駆使して政治を影で動かすロビイストの知られざる実態に迫った社会派サスペンス。共演に「キングスマン」のマーク・ストロング、「インターステラー」のジョン・リスゴー。原題 Miss Sloane 2016年 フランス・アメリカ合作 公開中 http://miss-sloane.jp/

no title

※ 大手ロビー会社の花形ロビイストとして活躍してきたエリザベス・スローンは、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の会社に移籍。卓越したアイデアと大胆な決断力で難局を乗り越え、勝利を目前にした矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈してしまう。更に、予想外の事件により事態はますます悪化していく...。


a23f6f94d22c9357

アメリカの上院議員の多くは、いわゆるロビイストに牛耳られているという事実を解りやすく描いている。

6402

主人公のエリザベスが単なる“出来る女”でない所、ラストも決して甘くない所が良い。さて、現実は一体?

6401



drecom_y_okamura at 23:59|PermalinkComments(0)

2018年01月08日

星くず兄弟の新たな伝説


20180108_235432

本日午後生放送のFMK-city 「岡村洋一のシネマストリート」(No.2042&2043)はまず第1部で、女優・瑠美子嬢が“再び頑張る主役たち”映画『ピンカートンに会いにいく』『星くず兄弟の新たな伝説』を紹介した。

20180108_235610

歯医者で役者の服部善明くん中谷彰宏著「35歳までにやめる60のこと」と歯の治療のやめ方を話した。

20180108_235556

映画『星くず兄弟の新たな伝説』が1月20日公開予定の手塚眞監督が満を持して登場した。

20180108_235912

続く第2部、“声も良い林和夫さん”が、初めての映画紹介。中国映画『長江 愛の詩』について語った。

1515422976938

アシスタントも務めたくらまたゆか嬢『ジュピターズ・ムーン』
http://jupitersmoon-movie.com/ を紹介した。

20180109_000638

再び、映画『星くず兄弟の新たな伝説』 http://stardustbros.com/ の手塚眞監督が登場した。最高だった!

20180109_000523

※ この番組は世界中どこからでも聴けます(宝塚でも!) http://listenradio.jp/

20180109_000657

★ FMK-city「岡村洋一のシネマストリート」(1999~)の公式ホームページが大好評です!
過去の放送の動画が観られます \(^_^)/
http://cinemastreetofficial.wix.com/cinema-street

20180109_000616



drecom_y_okamura at 23:53|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

家族はつらいよ2


60

※ 熟年離婚をめぐって大騒動を繰り広げる家族の姿を描いた、山田洋次監督による喜劇映画「家族はつらいよ」の続編。橋爪功、吉行和子、妻夫木聡、蒼井優ら前作のキャストが再結集し、前作から数年後の平田家で巻き起こる新たな騒動が描かれる。2017年5月27日公開 Blu-rayDVD 発売中

647

※ 周造はマイカーでの外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから高齢者の危険運転を心配した家族は、周造から運転免許を返上させようと画策する。しかし、頑固オヤジの周造を説得するイヤな役回りを互いになすりつけ合う家族たちの心を見透かした周造は大激怒。平田家は不穏な空気に包まれてしまう。そんなある日、富子が旅行に出かけることになり、つかの間の独身貴族を楽しむ周造は、お気に入りの居酒屋の女将かよを乗せて車を走らせる。その途中、高校時代の同級生・丸山と意外なかたちで再会を果たした周造だったが、直後に交通事故を起こしてしまい……。

5ec1d7954bfca85b

前作同様、一部の脇役陣のオーバーアクト&とって付けた様な“笑い”が前時代的でイタい。しかしながら、

no title

ラスト近くになり、図らずも一見、“家族が一つに”なった様になる辺りはグッと来た。次回はもっとこなれて。

640



drecom_y_okamura at 22:01|PermalinkComments(0)

2018年01月06日

希望のかなた


6

※ フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続いて難民問題をテーマに描き、2017年・第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマ。ビクストロム役に「過去のない男」のサカリ・クオスマネン。フィンランド映画 2017年 公開中 http://kibou-film.com/

400 

※ シリア人の青年カリードは内戦が激化する故郷を追われ、生き別れた妹を捜す内にヘルシンキに流れ着く。内戦で全て失った彼にとって妹を捜し出す事だけが唯一の望みだった。ヨーロッパ難民危機の影響か、無情にも難民申請を却下され、いわれなき差別や暴力にさらされるカリードだったが、レストランを営むビクストロムに助けられ彼の店で働く事に。ビクストロムもまた、行き詰った過去を捨て人生をやり直そうとしていた...。

d55d2cf490f6f931

冒頭、石炭の山から現れる主人公の黒い顔...。辛い内容を描きながら、たゆまざるユーモアに救われる。

4

この世は理不尽で、鬼みたいな奴も神みたいな人もいる。ラストは彼岸か此岸か?彼に会いに行きたい。

640



drecom_y_okamura at 19:53|PermalinkComments(0)

2018年01月05日

シネスク No.111


20180106_175355

バットとボール。3週間振りのレインボータウンFM。レギュラー出演番組で、こんなに間が空いた事はない。

20180106_180253

何だか新鮮だった。まず、12月25日の冒頭の如く、ニューヨークでの顛末&Torontoでの出来事を話した。

20180106_175413

加えて、“ニューヨークの大橋巨泉”の事。もちろんGEORGE GEE SWING ORCHESTRA をかけながら。

20180106_175716

特番の後半は、くらまたゆか&新人・伊吹菜緒嬢も交えて、“私が一番好きな映画”について語って貰った。

20180106_175558



drecom_y_okamura at 23:59|PermalinkComments(0)

2018年01月04日

ピンカートンに会いにいく


649

※ 「東京ウィンドオーケストラ」「エキストランド」の坂下雄一郎監督が、再起をかけた大勝負に挑むアラフォー女性たちを描いたオリジナル作品。主人公の優子役は、本作が映画初主演となる内田慈。ピンカートンの元メンバーたちを松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知が演じる。 2018年1月20日公開予定

640

※ かつて存在した5人組アイドル「ピンカートン」。20年前にブレイクを目前にして突如解散してしまったこのグループのリーダーだった優子は、今も売れない女優をつづけていた。ある日、優子のもとにレコード会社の松本と名乗る男からピンカートン再結成の誘いの電話が入る。所属事務所もクビになり、崖っぷちに追い込まれた優子はこの再結成に再起をかけ、松本とともに元メンバーたちに会いに行く。しかし、メンバーの3人はすでに芸能界を引退し、一番人気だった葵の行方はわからないという厳しい現実が待っていた...。

a87347e22f32ea7d

坂下雄一郎監督の 「東京ウィンドオーケストラ」は、もう一捻りが欲しかったが、今回はちょうど良い。

40

この終わり方には賛否あると思うが、こういうリアリティが私は好きだ。そして、夢も現実も続いて行くのだ。

60



drecom_y_okamura at 23:13|PermalinkComments(0)