2006年03月05日

少年野球

img20060305.jpg

体調イマイチだけど…
天気が良いので、多摩川辺りを散歩した。

少年野球の練習をボンヤリ、眺める。

よ~く見ると、一人だけ女の子がいた。
頑張っていた。

at 23:08|Permalink

2006年03月04日

すぐに忘れてしまう

img20060304.jpg

そういえば…
あの白装束集団は、その後どうなったのだろう?

他にも、一時はマスコミを賑わせながら、今はすっかり忘れ去られたニュースは多い。
一年後には、ライブドアも偽メールも完全に過去の話題になっているに違いない。

“生きて行く為には、多くの事を忘れなければならないのだから”

これは、傑作ラジオドラマ「コメット・イケヤ」の中の台詞。
作者は、天才・寺山修司だった。
そう、我々は、世界で一番“忘れやすい民族”なのだ。

at 23:51|Permalink

2006年03月03日

303

img20060303.jpg

あるCMのオーディションの帰り道に見掛けた、アニメみたいな犬。

お~い、こんな所で何という事をするのじゃ…。
君はメスだな?

今日は、メデタイひな祭りだよん!

  ■   ж
†(*'-') ('-'*)†
‡/¶\/¥\‡
┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻

at 18:26|Permalink

2006年03月02日

タイガー&ドラゴン

img20060302.jpg

呼んでいる
何処か
胸の奥で…

背中で睨み合う 虎と竜じゃないが
俺の中で オレと オレとが戦う

つまり今は、風邪と花粉症が、俺の中の虎と竜なんだわさ…。

at 22:57|Permalink

2006年03月01日

そんで…

img20060301.jpg

景気は、本当に回復しているのかね?

ワシには、全く実感がニャい。

世事なんぞ
どうでも良いのよ
花粉症…

風邪

at 22:14|Permalink

2006年02月28日

落書き

img20060301.jpg

まぁ、別に良いんだけどさぁ…。

この文脈で“ラーメン”って落書きは、どうかなぁ…。
意味が解らないよ。

あ、でも何となくラーメンが食べたくなって来た…。

そうだったのか! 負けた…。

(-"-;)

at 02:14|Permalink

2006年02月27日

怨廻

img20060228.jpg

本日のラジオ番組「岡村洋一のシネマストリート」のゲストは、来月、DVD作品「怨廻(おんね)」をリリースする石毛栄典プロデューサー。

2本目の収録の最中、突然、今年の花粉症が始まった。
風邪も引いているし、困った困った…。

背後霊は、“生き霊”=柴崎利佳子。

悲しい



at 00:53|Permalink

2006年02月26日

龍馬の黒幕

img20060226.jpg

今日、放送された北海道放送制作のドキュメンタリー「龍馬の黒幕」は、非常に面白かった。

“幕末における本当の革命家&スポンサーは、イギリス人の武器商人トーマス・グラバーであり、坂本龍馬は彼の代理人なのではなかったのか”という仮説は鋭い。

“龍馬の人生における「空白の半年間」に、彼はイギリスへ密航していたのではないか”という説も出て来て、驚いた。

後に徳川慶喜の側近となる西周(にし・あまね)は、世界最大の秘密結社・フリーメイソンの日本人メンバー第一号(署名が現存する)であり、グラバーと接触していた節がある。
倒幕は、内側からも起されていたのだった。

すると…
龍馬と、レオナルド・ダ・ヴィンチが繋がる事になる。
凄い。
興奮する。

歴史の謎は深く面白いが、真実はただ一つなのだ。

at 22:19|Permalink

2006年02月25日

そろそろ、行きたい…

img20060226.jpg

イタリアへ。

毎日、イタリア語をやっていて、思いは募るばかり。


川崎市内にて。

at 07:19|Permalink

2006年02月24日

柳家花緑さん

img20060225.jpg

初めて彼の落語を生で聴いた。

「宮戸川」の、語り部を含む5人の登場人物の演じ分け&メリハリが品があってとても良かった。

“柳家小さんって、あの花緑のお祖父さんなんだってね”と言われる日は、遠くないと思った。

at 00:45|Permalink