2006年09月

2006年09月25日

出口のない海

img20060925.jpg
















本日のかわさきFM「岡村洋一のシネマストリート」のゲストは、映画「出口のない海」が公開中の佐々部清監督(「半落ち」「カーテンコール」「四日間の奇蹟」ほか)。
 
敗色が濃くなって来た1943年、海軍は、人間魚雷“回天”による敵艦撃沈を計画、それに志願した元甲子園児たちの物語だ。

何となく、ムードに流されやすい日本人。
流されたその先に死が待っている戦争というものの恐ろしさを淡々と流血も爆発もなく描く、静かな力を持った作品だ。
佐々部監督、超多忙な中、ありがとうございました!!

at 19:28|Permalink

2006年09月24日

ウルトラマン・メビウス

img20060924.jpg
















世田谷区大蔵にある“東宝ビルト”へ、来週撮影するテレビドラマ「ウルトラマン・メビウス」の衣装合わせに行って来た。

今回、私が演じるのは、脱サラ(?)をして思い切って始めた“メロンパン屋さん”が、ようやく軌道に乗って来た男。

“心の何処かに、精神世界とのつながりを持っている感じ”を出す為に、こういう柄のシャツとバンダナみたいな帽子に、シンプルなエプロン、という事になった。
アクセサリーはなし。こうやって、段々とキャラクターを作って行く作業は、最高に楽しい。

at 18:32|Permalink

2006年09月23日

スマステ・5

img20060924.jpg












テレビ朝日「スマステーション・5~マドンナ特集Part2」を観た。彼女の25年以上に及ぶキャリアを香取慎吾と小林克也が振り返る。

1980年代の人気番組「ベストヒッツ in USA」の小林克也さんの名調子、英語の発音のカッコ良さ、ビッグ・スターに対する堂々たるインタビュー…。
DJを始めたばかりの私は、本当に大きな影響を受けた。
’83年に、あるテレビ番組でバリー・マニロウにインタビューした時には、小林さんそのものになっていた様な気がする。ああ、恥ずかしい…。

いつも冷静で控えめな小林さんと、エネルギーの女王・マドンナとの共通点は、“マイ・ペース”。 
2人から学ぶ事は、まだまだ多い。

at 00:22|Permalink

2006年09月22日

らくだ

img20060923.jpg












初めて、柳家花緑の「らくだ」を聴いた。
映画「寝ずの番」のモチーフの一つとなった“死人のカンカン踊り”が出て来る古典落語の傑作だ。

フグの毒があたって死んだ“らくだ”の兄貴分に脅され、貧乏長屋で通夜の準備を嫌々ながらも進める“クズ屋”。無理やり酒を飲まされるが、2杯目を飲み終わってから酔いが回り、態度が豹変、兄貴分と立場が逆転する。
この段々と態度が変わって行く様が、もう最高に楽しかった。

ああ、日本酒が飲みたくなって来た…。

at 23:59|Permalink

2006年09月21日

電影大通的二美女

img20060922_1.jpg












かわさきFM「岡村洋一のシネマストリート」火曜日のアシスタントを担当する梓(左/映画「ゆれる」)と花井美代子(映画「ノロイ」)。実は、二人はこの日が初対面。

花井と知り合ったのは、1989年の鈴鹿サーキットだった。
梓は、5年くらい前、初めは番組のゲストだった様な気がするが…。
女優でもある彼女らと、俳優でもある私は一度も共演した事がない。

その内、何か面白い事でもやろうか?
火曜日の放送は来週が最後で、10月からは日曜日の放送が始まる。

at 22:02|Permalink