2011年07月

2011年07月06日

スーパー8


※ M:i:III」「スター・トレック」のJ・J・エイブラムス監督が、スティーブン・スピルバーグをプロデューサーに迎え、「未知との遭遇」などスピルバーグ初期監督作にオマージュをささげて製作するSF大作。1979年、米空軍はネバダ州エリア51の一部を閉鎖。ある物をオハイオ州の施設に輸送しようとするが、貨物列車が脱線事故を起こしてしまう。そして、その中から何かがうごめきだし……。8ミリカメラで映画製作をしていた少年少女たちが事故現場に遭遇し、エリア51をめぐるナゾに巻き込まれて行く…。 ※

315x210

「未知との遭遇」の一つの驚きは、“もしかしたら、宇宙人は地球を襲う怪物などではなく、我々とコミュニケーションしたがっている優しい人達なのではないか?”という視点の提示だった。

日本の「竹取物語」のリメイクである「E.T.」でも宇宙人は優しく、逆に、“先祖帰り”した「宇宙戦争」での彼らは、ただただ恐ろしかった。

「スタンド・バイ・ミー」の記憶を孕む本作では、“本当は、自分の星に帰りたいだけなのに…”という“ジャミラ化”した宇宙人と共に、現在のアメリカ合衆国の微妙な“被害者意識”をも感じてしまった。

本当の敵は、何処にいるのか? 
9・11以来、ヒーローは皆、姿を消してしまったし…。

もう、“仮想敵を作って、国民を一つに”てな古~いやり方をやめて、新しい指導力と価値観を提示してほしい。
かつてのアメリカとアメリカ映画には、そういう力強さがたっぷりとあった。 公開中。


drecom_y_okamura at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月05日

あの頃の未来


DSC_0147-1

これは、現在、スカパー!の“super drama!”チャンネルで放送されているアメリカのドラマ『スパイ大作戦』シーズン3・第11回“一千万ドル強奪事件”のワンシーン。

DSC_0151-1


悪党が隠している大金の場所をつかむ為に、彼が“冷凍冬眠”したと思わせる作戦メンバーたち。
1968年から見た1980年だ。この妙な自動車はともかく、テレビが現在のものと全く同じなのは驚きだ。

DSC_0143-2

これは、第12回“スパイ交換作戦”から。東側への潜入作戦実行中、敵に捕まってしまったシナモン。
命懸けで、彼女を取り戻そうとするメンバーたち。珍しくイライラして、取り乱すジム。追いつめられる仲間。

DSC_0146-1

登場人物の足の引っ張り合いで、失敗ばかりしている『24』シリーズとは違って、彼らは最終的には決して死なないし、ミスをしない。今から見ればちょっと単純だが、この40年間で世界は大いに複雑になったのだと思う。

DSC_0143-1


drecom_y_okamura at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月04日

今、僕のすべて


DSC_0125

本日午後24時生放送のかわさきFM(79.1MHZ)「岡村洋一のシネマストリート」(No.1362&1363)は、いつもと違ったテイストで『岡村洋一による日本フォークソングの系譜~その4』をお送りした。

まず第
1部で、1972~1975年の間、音楽活動を続け、7年前に再結成したフォークグループ“猫”の常富喜男さんが番組に初登場。あの熱くストレートな時代について伺う。

かつてのヒット曲「雪」「各駅停車」をスタジオで生演奏して頂いて、元々がフォーク小僧である私は、もう感無量だった。

DSC_0130

劇団“横浜ブラザース”の小松伸&ヤキソバさんも、ライブ『哀しみのキッチン』(7月15~16日/渋谷ルイード.K2)のPRに現れ、生演奏を披露してくれた。

DSC_0136

続く第2部、シネポケットのコーナーでは、石原義信くんがトルコ映画『蜂蜜』(730日公開予定)を、五十棲頼太くんが日本のアニメ映画『鋼の錬金術師~嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』(公開中)を紹介した。

DSC_0131

そして、8月1日に『ワンマンライブ・京奏曲~三十夜』(南青山マンダラ)を行う予定のシンガーソングライター・いわさききょうこ嬢が登場、常富さんとの生セッションを聴かせてくれた。

シンプルなものだけが持つ力強さ。

そしてバブル崩壊後、ある意味で“堕落”した日本人が、3.11を経て、もう一度取り戻せるかもしれない精神性についても触れた。

DSC_0137

この番組は、日曜午前1112時に、第2(後半)の再放送もあり、世界中、何処からでも(青森でも!)オンタイムで聴けますhttp://www.simulradio.jp/ 

更に、「岡村洋一のシネマストリート」専用サイトでは、最近1ヶ月の放送と、過去の放送の傑作選を聴く事が出来ますhttp://www.movics.tv/html/index.php


drecom_y_okamura at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月03日

世界はともだち


DSC_0082


朝、自転車に乗って、元住吉にある川崎市国際交流センターへ。
「2011インターナショナル・フェスティバルinカワサキ~世界はともだち」の司会をさせて頂く。

DSC_0095

阿部孝夫・川崎市長、エジプト・アラブ共和国のワリード・マハムード・アブデルナーセル大使、キルギス共和国のマラット・ジャマンバエフ大使、タンザニア連合共和国のサロメ・タダウス・シジャオナ大使、エチオピア連邦民主共和国のマルコス・タクレ・リケ大使…。

DSC_0080

いっそ私も、マグマ大使の扮装で行こうかと思ったが、きっとウケないし、暑いし、面倒臭いのでやめた。

DSC_0087

世界各国の料理はとても美味そうで、女の娘も皆、綺麗だ。
ずっとここにいたいが、そうすると、きっと熱中症になってしまうだろう。
早く家へ帰って、シャワーを浴びよう。それから、ノンアルコールのビールだね。

DSC_0098-1


drecom_y_okamura at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月02日

襲われた場所


映画のおへそを見つけるのは、なかなか難儀だが、一年のおへそは誰にでも判る。
今日7月2日の正午ちょうどは、うるう年でない年の、一年の真ん中なのだ。

DSC_0079-1


茹でたトウモロコシとオムライスを食べ、パウル・クレー作『襲われた場所』と、イタリアを愛した作家・須賀敦子のドキュメンタリー番組を観ながら、一日中パソコンと格闘していた。


DSC_0075-1-1



“きっちりと足に合った靴さえあれば、自分は何処までも歩いて行けるはずだ” (須賀敦子)


DSC_0076

2011年も後半か。珍しく、長い半年だったな。
私の長年の悩み2つも、だんだんと“小慣れて”来た気がする。
ちなみに、ノーベル賞作家・ヘミングウェイが自殺して今日で50年。
明日は、また別の日だ。


drecom_y_okamura at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)