2013年02月

2013年02月23日

ふたり


DSC_1121-2

長く苦しい道を歩んで来た。詳しくは書かぬが、特に今週は、バカ&最低限の礼儀知らずばかりで、悲惨だった。

DSC_1120

でも、良い事もあった。来月のライブの為に書いていた新曲が遂に完成したのだ。正直、こんなに嬉しい事はない。

DSC_1124

タイトルは、「ふたり」。夕刻、自由が丘の山野楽器で、今後の展開に備えてギターのソフト・ケースを買う。嬉しい!

DSC_1132-1

心許せる友人と寿司を食い、久々にカラオケへ行った。このギター・ケース、女と居るみたいで、ちょっと幸せさぁ。

DSC_1152


drecom_y_okamura at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月22日

美味しいパエリアの作り方


DSC_1114-4

まず、精米機にお米2合を入れて、スイッチを押します。

DSC_1116-2

この精米機は、「ちい散歩」を観て、テレ朝通販で買ったもの。

a51ccd0e-1

炊飯器に、ご飯とイキビキから出ている“パエリアの素”を入れて…

DSC_1117-1

舞茸とか、ちょっと具を足すと、更にGood!完成品の写真撮るの、忘れた… (^_^;)

DSC_1118-1


drecom_y_okamura at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月21日

アメリカの夜


DSC_1119-1

※ フェラン監督(フランソワ・トリュフォー)による映画が、ニースで撮影される。ノイローゼ気味のハリウッド女優や気難しい男優、妊娠がバレた新人など、問題あるスタッフをかかえて、監督の撮影もなかなかはかどらない……。

DSC_1121-1

久々に、映画 『映画に愛をこめて アメリカの夜』(1973年/フランス・イタリア/フランソワ・トリュフォー監督)を観た。

DSC_1124-1

私が初めて観た“映画の映画”、つまり映画の中で映画を作っている映画だ。J・ビセットの美しさに参ったものだ。

DSC_1130-1

いつか映画の撮影現場に行ってみたい。映画に出てみたいな。外国映画にも… 18歳の頃の夢は、全て叶った!

DSC_1129-1


drecom_y_okamura at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月20日

ディクテーター 身元不明でニューヨーク


sub3_large

※ 「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」のサシャ・バロン・コーエンが、今度は世界一危険な独裁者・アラジーンに扮する。ニューヨークで身元不明人になってしまったアラジーンが巻き起こす大騒動。

main_large

※ 国連サミットに出席するためニューヨークを訪れたワディア共和国のアラジーン将軍は、何者かに拉致され、トレードマークの髭を剃られてしまう。スーパーの店員となって潜伏し、反撃の機会を待つが、国連サミットに偽者が出席し、ワディヤを自由の国にすると宣言する。アラジーンは自らの独裁者生活を守るため立ち上がるが…。監督は「ボラット」「ブルーノ」に続きラリー・チャールズ。2012年、アメリカ映画。3月8日、Blu-ray+DVDセット発売予定。

poster

冒頭で、いきなり、“金正日に捧ぐ”と出て来て、ギョギョギョ!そう、これは、いわゆる“おバカ映画”なんである。

sub4_large

W・アレンの傑作『カメレオンマン』には遠く及ばないがクスリとは笑える。近年、日本にはこういうの、皆無だなぁ。

sub2_large


drecom_y_okamura at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月19日

第16回 葛飾エンタメの会


DSC_1117

以前とは違って、最近の私、パーティや飲み会があまり好きではなくなった。

DSC_1110

特に月曜日はダメ。ラジオの2時間の生放送が終わった後は、さすがにシンドい。

DSC_1121

でも、この“葛飾エンタメの会”だけは別だ。これがなければ、現在の私はない。

DSC_1112

この業界、やはり“人と人との繋がり”が重要なのだ。いや、人生全てそうかも…。

DSC_1109


drecom_y_okamura at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)