2014年08月

2014年08月31日

かごめかごめ


DSC_0668

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ?

DSC_0722

籠目籠目 加護の中の鳥居は いついつ出会う 夜明けの番人 つるっと壁が滑った 後ろの少年だあれ?

DSC_0723

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出会う 夜明けの番人 鶴と亀が滑った 後ろの少年だあれ?

DSC_0728

ビュンビュン、ビュンビュンと時間だけが過ぎ去って行く。花開かぬ季節。だが、もうすぐだろう。夏が終わる。

DSC_0730



drecom_y_okamura at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月30日

華甲


kanreki140718

※ 役者にして画家、一方で陶芸や染色にも多彩な才能を発揮する片岡鶴太郎さん。本展では画業20周年、そして還暦を迎える鶴太郎さんの集大成として、初期の作品から最新作50点まで、未公開作品を含め約150点をご紹介いたします。また、還暦を迎える本年の目玉作品として、紅を用い優美に絵が描かれた大作、『金魚<二曲屏風>』は必見です。ますます磨きのかかる「鶴太郎ワールド」をごゆっくりお楽しみ頂きます。

竹大

※ 「還暦展」開催によせて~片岡鶴太郎さんのメッセージ → 本年、還暦を迎えるにあたり、少しずつ『私』が変わりつつ在ります。「何か」に突き動かされる如く、朝は水シャワーを浴びる様に成り食事も節食に成り、ヨガ呼吸法・瞑想で身体を整え、一日が始まります。出来うれば余分な物を取り、簡素に成りたいと想って居ります。それは「作品」にも自ずと表れ「口数の少ない」「静かな」作品に成りたいと想って居ります。

mainvis
 
とは云え、心に在る『華』は作品に「昇華」させたい。その想いは一層強く成るばかりです。『華』の在る還暦からの人生。還暦からの『華』を咲かせたい。『華』と云う字を分解すると 六つの十と一に成り『還暦』を「華甲」と申し、席では蟹の御道具が並びます。「紅華」椿を描き、「華魚」金魚を描き、未だ未だ紅(暮れない)還暦紅。

IMG_20140829_202733

このクリアファイルを買って外へ出たところで、思い掛けずご本人に会えた。3年振り。心安らぐひと時だった。

IMG_20140829_202715


drecom_y_okamura at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月29日

私の敵は私です


DSC_0764

1991年12月1日から今日まで、1日たりとも休んだ事はない。このスポーツジムへの会費を払う事を… (^_^;)

IMG_20140829_135924

“私の敵は私です” これは、中島みゆきの名曲「ファイト」の1番の初めの方に出て来る歌詞。全く同感です。

IMG_20140829_141735

隅っこから、16年前のデータのメモが出て来た。今と大して変わらないのは一体、良いこと?悪いこと??

IMG_20140829_141901

1000m走って、V-Blanceを10分。6分間、サウナに入って、300m一気に泳いだ。もう嫌だ、疲れた~ (>_<)

IMG_20140829_134811


drecom_y_okamura at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月28日

最近の晩餐


1409233892739

“トマト味のつけ麺”だったが、イカの天ぷら(冷凍食品)と粉チーズを使ったら、意味不明な味になった (^_^;)

IMG_20140806_205428

このサラダも冷凍食品だが、なかなか美味だった。レトルトのカレーも、以前と比べると多様でウマくなった。

DSC_0750

4年以上続いている歯の治療もこの秋には終わりそうだ。色々と悩みや恨みもなくはないが大した事はない。

1408629065846

この世で最も大切なのは、まずは自分自身の健康だろう。自身が剛健ならば、大抵の事は超えて行けるよ。

1409233893485


drecom_y_okamura at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月27日

誰もが、東京難民です!


IMG_20140822_222811

映画 『東京難民』 http://tokyo-nanmin.com/ 本日・8月27日に、Blu-ray&DVDが発売されました!

IMG_20140822_214610

佐々部清監督作品。出演は、 中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、津田寛治、金井勇太、井上順ほか

IMG_20140822_183823~2

※ どこにでもいるごく普通の大学生だった修は授業料の未払いを理由に大学を除籍される。父親が借金を抱えて失踪したため、家賃も支払えず、ネットカフェに泊まりながら日払いのバイトで食い繋ぐが、ある日、騙されて入ったホストクラブで働くことに……。私は、後に修と働く事になる酒好きの労務者・長沼を演じています。 
                                                                                                                                                                                                                             
IMG_20140822_214422

“社会派ドラマ”と捉える事も可能ですが、同時に“青春映画”“ラブ・ストーリー”でもある。この機会に是非とも!

IMG_20140822_214855


drecom_y_okamura at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)