大野ひろみん生誕祭Vフォー・ヴェンデッタ

2016年09月13日

ERでの苦い想い出


20160910_111417

これは実直なグリーン先生と美しきスーザン先生。遊園地のインスタント写真コーナーでフザケて撮ったもの。

20160906_013446

スーザンとカーターがキス寸前まで行った場面。それは、クリスマスイヴの夜の事だった。忘れていた…。

20160810_235341

★ 映画「ジュラシック・パーク」「タイムライン」などの原作で知られるヒット・メーカー、マイケル・クライトンが製作総指揮、スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・テレビジョンが共同製作して誕生した「ER 緊急救命室」は、94年アメリカのNBC系列で放送スタート。シカゴのカウンティ総合病院を舞台に、臨場感あふれる医療現場とそこで働く医師や看護婦たちの公私にわたる生活や人間関係リアルに描いた本作は、全米での放送開始以来、現在までの10 年間にわたってテレビ・ファンの圧倒的な支持を集めているロングラン・メガヒット・ドラマである。「ER緊急救命室」と聞いて、まずイメージするのは病院を舞台にした医療ドラマだろう。しかし、「ER」はただの医療ドラマではない。次々と運び込まれる患者たち、リアルな緊急治療場面、飛び交う医学用語、寝る間もなく駆けずり回る医師と看護婦たち、そして彼らが抱える個人的問題の数々…。これらが息つく暇もないほどのスピード感で次々と押し寄せる。アクション、ドキュメンタリー、サスペンス、メロドラマ…。あらゆる要素を兼ね備えた究極の人間ドラマ、それが「ER」なのだ。★

20160910_111841

現在、テレビ東京でseason1、BSのDlifeでseason3が無料放送中。20年振りで、マダラな記憶を辿っている。

20160902_014223

毎回、人物描写が素晴らしい。更に、若き日のダースベイダーやチャーリーズ・エンジェルも登場してビックリ。

20160816_144307

その内、season10の第10回“マケンバ”で私が吹き替えをしたウォルター医師が登場するぞと思っていたら、

20160913_143135

本日、WOWOWで放送されて、驚いた。それにしても何回観ても下手だなぁ…。でも、長年の夢だったんだ。

20160913_143022



drecom_y_okamura at 19:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

大野ひろみん生誕祭Vフォー・ヴェンデッタ