初めてのスイス大使館シネスク No.201

2019年10月03日

ジョン・ウィック


jw_sub4_large

※ 「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。「マトリックス」ほか数々の大作映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキが初メガホンをとり、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を中心とした独自のアクション世界を展開する。原題:John Wick 2014年製作/103分/R15+/アメリカ

jw_sub1_large

※ 愛する女性ヘレンとの出会いをきっかけに、裏社会から足を洗った殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンは病に倒れて帰らぬ人となってしまい、ジョンは悲しみに暮れる。そんなジョンのもとに、ヘレンが生前に用意していたデイジーという名の一匹の子犬が届けられる。亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で再び心に平穏を取り戻していくジョンだったが、ある日、ジョンの所有する車を狙って家に押し入ったロシアンマフィアが、デイジーを殺してしまう。生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む...。Blu-ray+DVD 発売中

167449_03

自分の息子がジョン・ウィックを襲ったと知った時のロシアン・マフィアの狼狽振りが続きを予感させ、面白い。

jw_sub7_large

細かいところが気にならなくはないが、圧倒的なアクションの畳み掛けで払拭し、充分に楽しませてくれた。

jw_sub2_large



drecom_y_okamura at 22:06│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

初めてのスイス大使館シネスク No.201